​製造管理について

日本の法律では、麻の成熟した茎と種のみ利用が合法となっていますが、日本市場では部位ごとに製造ラインがわかれておらず法律に適した製造が実現できていないのが現状でした。およそ2年の歳月をかけ、日本向けの製造ラインを確保することに成功。THCが混入する隙を与えないまま高純度の粉末状態でアメリカから直接輸入する事が可能となりました。

STEP 1

​麻の収穫・乾燥

徹底管理された環境で育った麻植物は、や根を剥がした茎のみを7日間かけて乾燥させてます。

STEP 2

STEP 3

蒸留・生成

超臨界抽出

乾燥した麻のを蒸留し、油を抽出します。抽出された油は繰り返し生成することで高純度のカンナビジオール油となります。

さらに超臨界抽出を行い、THCといった不要成分を完全に除去します。これにより、日本でも安心してご使用いただける高純度のCBDとなります。

STEP 4

​正規輸入・

国内加工

アメリカから直輸入したCBD(カンナビジオール)は、吉兆堂が提供する国内工場でオイル・クリーム・パック・キャンディなどの製品に加工されます。

078-222-2249

  • base_logo_edited
  • Facebook
  • Instagram

※「ataracia」は、株式会社吉兆堂の登録商標です。

©2020 by Ataracia

0