top of page
cbdスキンクリーム
5つのフリー

角質層のすみずみまでいを与えCBDや

美容成分もしっかりフタをしてさない。

濃厚な美容クリームでもちつる肌へ

01​ お肌の水分を守る濃厚クリーム

濃厚クリーム

シルクのような滑らかなテクスチャが特徴のCBDスキンクリームは、

肌に豊かな保湿と栄養を提供し、明るく滑らかな肌を実現します。

贅沢な肌ケアを手軽に楽しめます。

02 美容成分もたっぷり

高保湿

美容成分の豊かなブレンドが、肌をしっかりとサポートし、健康的で輝く肌を実現。

美容成分

肌の再生を促進し、シワやたるみを減少させ、健康的な輝きを与えます。

さらに、肌の保湿や免疫力向上にも貢献します。

cica
セラミド
カンナビジオール

抗酸化作用や抗炎症作用を持ち、体内の健康をサポートします。また、血糖値の調節にも役立つ成分です。

ビタミンCが豊富で、抗酸化作用があります。肌を明るくし、免疫力をサポートするのに役立ちます。

角質層までの水分保持能力を向上させ、乾燥を防ぎ、シワを減少させます。肌に対して穏やかで、敏感な肌にも適しています。

03 化学物質は一切使用しておりません

敏感肌
肌トラブル
cbdで美肌へ
アタラシア

SKIN CREAM

CBD 1%

 CONTENTS 50g

PRICE ¥4,400-(税込)

  • CBDとTHCの違いは?
    CBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)は、共に大麻に含まれる成分です。 両者の分子式は全く同じですが、構造式が異なるため、全く別の作用をします。 THCは精神作用性が極めて強く、脳内にあるCB1レセプター(神経細胞上に多く存在する受容体)に親和性が高いです。精神錯乱や幻覚・幻聴を引き起こす可能性があり、日本の法律で禁止されている成分です。脱法ハーブ・危険ドラッグなどはTHCを模した化学合成された有効成分が多く含まれているので、強烈な作用を引き起こします。   一方、CBDは、THCと比べると、構造式の中で環状の部分が一部開いていて、CB1レセプターへの親和性が非常に低く―もしくは親和性がなくー、精神・神経系への悪影響はありません。
  • CBDは日本で規制されていませんか?
    麻の成分となると不安になる方もいるとは思いますが、日本の法律で禁止となっているのは、麻の花穂・葉の部分となっており、その部分に多く含まれるのが向精神作用のあるTHCで、日本では現在違法となっています。 しかし、CBDは神社のしめ縄や洋服などに使われている産業大麻と言われる麻の種と茎から作られているため、完全合法的な成分です。 弊社商品に使用しているCBD原料は、茎由来であり、輸入時にも十数種類の書類を税関や厚労省に提出し正式な国の認可を得て販売しておりますので安心してお使いいただけます。
  • 1日の目安量はどれくらいですか?
    医薬品ではないため、明確な基準はないですが、一般的には、1日に約20mgのCBD摂取が目安とされることが多いです。
  • CBDはいつ摂取すれば良いですか?
    いつでもお気軽に摂取することが可能です。 CBDは稀に眠気を誘発する恐れがあるため、運転前や運転中の摂取はお控えください。
bottom of page